Ⅰ. プロジェクトについて

このページでは 進行中のプロジェクトに関する最新情報 を、適宜ご紹介しようと思います。プロジェクトは(基本的に)当社が主体となって参画しているものになりますが、ケースによっては パートナー企業様が進めている「未来ビジネス」 についても ご紹介出来たら、と希望しています!

なお、守秘義務等の関係から、ご紹介できないプロジェクト、詳細を省略し概要のみお伝えするケース等がありますこと、予めご承知おき下さりたくお願いいたします。

II. プロジェクト紹介 ~ 「コト創り」への挑戦

 Withコロナ製品開発 ~ オープンイノベーション 人材育成

プロジェクト概要

(※下段に記事掲載した)VR工場見学では「外部の若き人材」とコラボレーションし <新たな時代への橋掛け> を感じ取りながら進めていましたが、並行して 「社内の技能伝承」にもオープンイノベーションのスタイルを展開できないか? との考えを(ずっと)抱いていました。

そして新年の2020年に実行へ移そうとした矢先に... 新コロナウイルスによる経験の無い日々が当社にも降りかかった次第です... 「一体この先 どうなるのだろう?」と考えることも多々ありましたが、そのような中で(逆に、先に挙げた) オープンイノベーションの発想が、希望を与えてくれた のです... 「コロナ禍に貢献するモノ作り・コト創り」を 次世代を担う若手が自ら切り拓けば良いのだ と...

課題を待つのでは無く 自らに付加価値を付け お客様に提案・発信することで 新たなつながりを構築する スタイルを「Withコロナ時代性」の中において 力強く育てて行くプロジェクトです!

進行中の内容、成果状況; ~ 2021年 2月

★ Stage 1: メンバー検討 ~ 教育プランの作成

とは言うものの(笑)「自分達で作る新しい商品」って、一体どんな「モノ」なのか?... 誰でも悩む所だと思いますが、まさに私達もそうでした... しかし、そこはプロジェクト理念に即し 外部の協力者と一緒に進める のが「未来ビジネス」流です(笑)。今回は 後藤デザインオフィス 様 にご支援を頂きながら「研修会」という形態で『プロダクト・デザイン』の基礎を、当社の若手社員に学んでもらうことにしました。

研修会は全部で 5ステップ から構成されており 構想デザイン ~ 基本デザイン ~ 実施デザイン ~ プレゼンテーション を経て力量ステップアップが図れる優れモノ研修 です!
※ 同様の研修に興味があります方は 後藤デザインオフィス 様 に、お問い合わせ下さい。

★ Stage 2: 研修の実施 ~ デザイン構想

開発テーマは「コロナ禍の新生活に役立つ生活グッズ」を 自分自身で考えてみること でしたが、まさに自分達がそのような環境下にあるためか 消費者として自分を振り返る目線からのニーズ探求 が、それぞれの個性の中に感じられるアウトプット が多かったように思います。

以下にデザイン例を掲載しますが... 開発途中ゆえ「ぼかし」状態です(笑)お許しください...

★ Stage 3: プレゼンテーション ~ 想いを伝える大切さ

研修の最終ステップは「プレゼン」ですが、表現のテクニックよりも(まずは) 想いを伝え・相手に理解してもらう大切さ を感じてもらうことを重視し、実施しました。

プレゼン自体が初めての社員が殆どなので、録画したビデオからも「緊張しまくり表情」が伺えましたが、全員が数か月に渡って取り組んだ『自分デザインの製品』ゆえ、熱い想いが十分に伝わり(身内ながらに)感動してしまいましたが...

プレゼンテーションでは(テーマである)「コロナ禍の新生活」を全員が基本コンセプトに据えており、プロジェクトの今後の進行が大変楽しみに感じられました。また、各自の感想からも「仕事の進め方」に対する意識の高まりが伺われ、ビジネスマンとしての更なる成長にも大きな期待を込めています!

▲ Page Top

 VR工場見学 ~ 愛知県の中学校で 出張授業を実施

プロジェクト概要

愛知県では、県内の優れたモノづくり技術を持つ企業と全国のスタートアップとの オープンイノベーション を推進しており、その一環として県内企業とスタートアップが直接にディスカッションできるマッチングプログラム「Aichi Matching 2019」を実施しています。当社は 2020年2月に東京で開催されたイベントへ参加、(当社にとっては)全く新たな視点のプロジェクトを進めてきました。

進行中の内容、成果状況; ~ 2020年11月

県内の中学校で VR工場見学 ~ 出張授業 を実施しました。初めての試みとして、当社に於いても エポック・メイキングなイベント になりました。

画像クリックで リンク先記事がお読み頂けます(無料)。

PDFの記事は コチラ からダウンロード出来ます。

▲ Page Top

関連 Tech. サイト

★ 当社 技術開発プロジェクト ★

異種金属接合2018

異種金属接合プレス試作開発2014バナー

マグネシウム合金プレス試作開発2013バナー

マグネシウム合金プレス試作開発2012バナー

★ 協力・コラボ 関連 ★